さて、先日も書いたとおりこれから徐々にFXについて学んでいこうと思います。

FX関連のサイトとか記事を見るととにかく用語が飛び交っていますね

お前ら日本語しゃべれや(゚Д゚≡)!!! と、言いたくなるほどに意味がわかりませんw

ということでまずは用語からゆっくりと学ぼうかと思います(*´ェ`*)

まずはFXFXと言いますがFXって要はなんなのか?ってことです

FXとは外国為替証拠金取引(margin Foreign eXchange trading)の略

要するに外国の通貨を取引するってことですね

僕のこれまでの知識だと

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□

100万円持ってて ドルが100円の時 1万ドル買える
1万ドル持ってて ドルが110円の時 110万円買える
110円になってから売ったおかげで10万円お得

□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□■□□■□■□■□

って感じの知識しか無いです とりあえず間違ってはいない模様なので次のステップに( ̄▽ ̄;)


それではまず外国の通貨を取引したいのですからそのために必要なお金の出入り場所が必要ですね

口座開設です

外国為替を扱っているところで口座を作らなくてはなりません

さっそく「FX 口座」と検索してみると山ほど会社がみつかりますね

やっぱりどれがいいんだかさっぱりわかりません(´・ω・`) いきなり詰みましたwww

FX会社のランキングとか比較サイトみたいなのがいっぱいあるのでそこを見てみましょう

単純に1位の会社でもいいのかもしれませんが勉強が目的ですから今回はゆっくり見ていきます

とりあえず広告と比較内容を見てわからない言葉をピックアップしてみました

・スプレッド  ・固定  ・スワップポイント  ・信託保全  ・約定率  ・リバレッジ  ・〇〇通貨(〇〇は数字)  ・〇〇lot

ざっと見ただけでもこれだけわかりませんでしたw

こりゃ大変そうだ(`・ω・´) よし、一個ずついきましょう。



ってことで今日のお題は

「スプレッド」です

広告を見るといろんなとこに書かれていますね

スプレッド原則〇銭固定!とか

で、そのスプレッドとはなんなのかと調べてみました

すると、
スプレッドとは 売値と買値の価格差のこと
と、あります ふむ・・・

('A`)ノ<先生、まだよくわかりません

僕もです。 つまりどういうことだってばよ!


テレビとかでも為替のところでこんな表示見たことありませんか?

1米ドル=112円10銭~15銭

こんな安い円はしばらく見ていませんが見たことはありますねw

ここでの10銭~15銭という幅がスプレッドです

そしてこの「~」の部分、これは

10銭から15銭の間で変動してますよー・・・って意味じゃありません

この値ですと米ドルを買うとき 112円15銭で買う
     米ドルで円に戻すとき 112円10銭で売る

ってことです 差額で 5銭 手数料で取られています

※ちなみに、買うときの価格(右の数字)をオファーレート
  売るときの価格(左の数字)をビッドレートと言います。


ふむ、手数料0円!とか謳ってる会社が数多くあったけど手数料ってのはこれと別でさらに取るってことなのか

手数料0でFX会社ってどうやって運営してるんだろうっていう疑問もこれで解消、すっきり.。゚+.(・∀・)゚+.゚


要するに取引する側からすりゃスプレッドが小さいほどお得ってことですね 固定ってのもわかりました

これで口座開設の基準でスプレッドの部分はおおよそ理解できましたね(*´Д`*)


次回は スワップ・スワップポイントについて勉強しませう

それではまた (* ̄∇ ̄*)ノシ